秋月電子のSSR用のケースをつくりました

基板をそのまま置いておくと、ほこりが付いたりAC100Vを使うものだと特に感電の恐れがあるので、今回は3Dプリンターで秋月のSSR用のケースをつくりました。

ケースの3Dデータ

ThingiverseでSTLデータを公開しています。

Thingiverse

必要なもの

基板の部品の付け方

基板の表面。

横からの写真。

サイズを小さくするために、トライアックは裏面につけて、バリスタとトライアックは寝かせて取付けました。横からの写真だとバリスタが基板と斜めになっていますが、撮った後に基板と平行にしました。

ショート防止のために裏面に取付けたトライアックにはカプトンテープを巻きました。

コメント