Adventurer3でCuraを使う

Curaの設定

プリンタの追加

Add a non-networked printerのCustomでCustom FFF printerを選択。Printer nameはAdventurer3にしました。

プリンタ設定

XYZはプリントサイズに合わせて全部150mm。Build plate shapeをRectangular を選択し、Origin at centerとHeated bedにチェック。G-code flavorはMarlinを選択。

Gantry Heightもプリントサイズに合わせて150mm。Number of Extrudersはノズルの個数に合わせて1を選択。Start G-codeとEnd G-codeは以下を入力。

Start G-code

End G-code

Extruderの設定

Nozzle sizeはノズルに合わせて0.4mm。0.3mmノズルを使用している場合は0.3mm。

Compatible material diameterはフィラメントの太さに合わせて1.75mm。

Gコードの修正

Curaが出力したGコードではノズル温度設定のM104とヒートベッドの温度設定のM140行の末尾にT0が付かず、温度が変わりませんでした。なので、M104、M140行の末尾にT0を付けるをプログラムをPythonで書きました。Anaconda 3で実行すると.pyと同じフォルダ内の.gcodeファイルが変わります。拡張子も合わせて.gcodeから.gに変更されます。

プロファイル

現在のPLAのプロファイルを置いておきます。

Adventurer3_PLA.curaprofile

コメント